top of page

アンラーン: 英語を学ぶ新しいアプローチ




こんにちは、Momena語学研修のフィリップと申します。私は日本での英語教育`および語学研修に携わりながら、常に unlearn「アンラーン」という言葉が頭から離れません。


Unlearnは学ぶの反対の意味で、学んだものを忘れる又は取り除く意味があります。日本はどうしても文化や言語の強い影響力があります。良くも悪くも日本人の国民性に現れています。主張することが少ない、謙遜を重んじるところなどが美徳でありながらも英語の学習にはもどかしいはめになることが多いです。


これらの完全に忘れる、過小評価をするという意味ではありませんが、語学を勉強することにあたって『another hat』をかぶらないといけません。これは猫を被るのではないのですが、もう一つの側面を持つことのイメージです。


Momenta語学研修を通じて感じるのは、私達の役割が単に英語を教えることではなく、むしろ「アンラーン」を手助けすることだということです。


特に日本の中高生に関連して、否定的な態度や臆病さ、消極性、話す際に通じるよりも正確さに過度な重点を置くことなどが、「苦手意識」という大きな要因となっています。


苦手意識の克服



日本の中高生の中で、内向的で消極的な傾向が見られる場合、英語を話す際に、自信のある生徒に比べて自然と不利になります。これに加えて英語教育においてコミュニケーションよりも『正しさ』を重視します。文法中心、ミスを見逃さないことが主な指導法になっています。しかし、言語は数学とは違って答えが一つではありません。言語はアートです。感性が大事です。


幼児が少ない語彙で一所懸命自分の言いたいことを必死に伝えるように学生も時々その環境を体験すべきです。


Momentaの語学研修で苦手意識を改善することが我々の大きなミッションの一つです。

各プログラムで参加者が失敗や間違えを恐れず、文法の正確さや適切な単語の選択よりも単純に『伝わる』ことに重点をおいています。


コミュニケーションは『非言語』が8割ほど、『言葉』が2割です。なので『何を』言うのよりも『どうやって伝える』かが大事です。


英語研修のプログラムでは中高生がどれだけ『自分の英語が伝わった!』が言えるかが私たちの成功を測る一つのめどになっています。



英語プログラムの提案


Momenta英語研修というプログラムでは、新しいアプローチを取り入れ、学習者が自分の英語を使いこなすための手助けを行っています。このプログラムでは、従来の英語学習の固定概念を打破し、「伝わる」コミュニケーションを重視しています。


コミュニケーションの重要性


構文や文法の正確さよりも、「伝わる」コミュニケーションを大事にしています。外国人講師陣が、実践的で使える英語を身につけるためのカリキュラムを提供し、非言語コミュニケーションを通じてメッセージを伝える能力を重点的に育てています。



日本人学習者への挑戦:


一般的な日本人の学習者にとって、伝統的な学習方法や国民性が新しい言語の習得を妨げることがあります。これがなぜ、ネイティブスピーカーから学び、文化にも触れながら学ぶことが重要なのです。



Momenta英語研修では、この挑戦に立ち向かう手助けを提供しています。例えば、活動の流れを工夫し、楽しいカリキュラムを通じて生徒たちが夢中になるような工夫をしています。必要に迫られて英語を使わざるを得ない状況を作り、英語を使うことが楽しくなるようなミッションを組み込むことで、非常に実践的な経験を提供しています。


結びつける力




総じて、英語学習はコミュニケーションの一環です。Momentaが提供する英語研修は、これまでの学習方法にとらわれず、言語を「伝える」ことに焦点を当てています。新しいアプローチを通じて、「アンラーン」の感覚を学習者に提供することで、英語学習がより実践的で楽しくなり、自信を持ってコミュニケーションが取れるようになるでしょう。


お問い合わせ:


もしご質問やご興味がありましたら、お気軽にお問い合わせください。www.eigokenshu.jp




Momentaの英語研修は、英語教育の新しい波を作り出しています。学習者が「伝わる」英語を実感し、自信を持って話すことができるようになるまでのサポートが提供されています。英語学習に新しい風を吹き込むMomenta]で、コミュニケーションの楽しさを発見しましょう。


閲覧数:11回0件のコメント

Comments


bottom of page