top of page

子どもの英会話力向上の秘訣:インプット、アウトプット、そしてリアルライフの重要性


照葉子ども英会話教室

 

子どもの英会話力を伸ばすためには、様々なアプローチがありますが、特に重要なのはインプット、アウトプット、そしてリアルライフでの実践です。これらの要素が組み合わさることで、子どもたちは効果的かつ継続的に英語スキルを向上させることができます。モメンタキッズの教室ではインプット、アウトプットとリアルライフをテーマに英語教育を行っています。アイランドシティの照葉教室ではインプットとアウトプットをメインに子どもの英語レッスンをしておりますが、季節ごとのイングリッシュキャンプで欠かせない実践も提供しています。 イングリッシュキャンプだけで子どもたちが伸びにくいですが、コンスタントにレッスンでのInputとOutputを徹底していればキャンプでそれまでの努力が報われて英語を自分のコミュニケーションツールとして使えるようになります。

 

1. インプット: 豊かな言語環境の提供**

 

最初に考えなければならないのは、子どもたちに豊かな言語環境を提供することです。インプットは、言語を聞くこと、読むこと、理解することを指します。子どもたちが自然な形で英語に触れる機会を増やすことが、言語獲得の第一歩です。

 

読み聞かせ: 豊富な英語の絵本やストーリーを通じて、子どもたちに英語の楽しさを伝えましょう。リズミカルで理解しやすい言葉が、言語理解力を向上させます。

 

-英語の歌やリーディング: 歌やリーディングを通じて、子どもたちに英語のリスニングスキルや発音を磨く機会を提供しましょう。楽しみながら学ぶことで、言語学習のモチベーションが向上します。

 

―動画やユーチューブ:程いい使い方でYoutubeが有意義な学習ツールになりますが流すだけで効果が得られにくいです。Shadowingをしながらユーチューブを利用することがおすすめです。

 

2. アウトプット: 積極的なコミュニケーションの機会

 

インプットを受けた後は、アウトプットが重要です。子どもたちが自分で言葉を発し、表現することで、理解が深まり、英会話力が向上します。アイランドシティの教室では『間違いを恐れない』『間違った英語でもいいから、言ってみよう』という方針で教育を行っています。

 

- 会話の機会を増やす: 家庭内での英語でのコミュニケーションを積極的に取り入れましょう。例えば、食事の際や遊びの中で、英語でのコミュニケーションを奨励します。英語が教室だけで使うものではなく、普段の生活でも使うものだという認識を育てることが大切です。

 

- **言葉のゲームやアクティビティ: アウトプットを促進するために、言葉のゲームやアクティビティを取り入れましょう。単語を使ったクイズやストーリーテリングなどが有効です。モメンタキッズの教室では生きた英語がテーマのため、シミュレーションやプレゼンを通じて学ぶことが多いです。マインクラフトを使用するプログラミングコースもあります。

 

3. リアルライフの実践: 学びを日常生活に結びつける

 

学習は日常生活に密着して初めて意味を持ちます。リアルライフの実践は、学んだことを実際の状況で使い、定着させるための重要なステップです。海外や留学が難しい場合は国内の英語研修がおすすめです。 外国語環境へのアクセス: 子どもたちにできるだけ外国語環境に触れさせましょう。例えば、英会話教室や国際交流イベントへの参加などが役立ちます。

このため、春休み、夏休み、冬休みにモメンタキッズでは実践の場としてイングリッシュキャンプを開催しています

 

 

- 外国語での趣味やアクティビティ**: 子どもたちが興味を持っている趣味やアクティビティを英語で行うことで、学びがより楽しくなります。例えば、英語での映画鑑賞やゲーム、スポーツの練習などです。英語を英語として学ぶのではなく好きなことや趣味を英語で学ぶことによってモチベーションアップも継続にもつながります。

 

これらの要素が組み合わさることで、子どもたちは自然な形で英語力を向上させることができます。インプット、アウトプット、そしてリアルライフの実践をバランスよく取り入れ、英語学習を身近なものにしましょう。子どもたちは遊びながら学ぶことができ、長期的な成果を得ることができるでしょう。

閲覧数:3回0件のコメント
bottom of page