top of page

日本人が英語を話すのが苦手な理由について



 

Momenta Kids代表のフィリップです。今日は日本人が英語が苦手な理由について記事を書いてみました。Why can't Japanese people speak English well? これはよく聞かれます。原因も様々ですが克服する方法も様々です。何よりも大切なものは学ぶ環境だと思います。Momenta Kidsの英語教室では『失敗を喜ぶ』Love Mistakesをキーワードにしています。中学生・高校生の英語研修でも一所懸命訴えています。Don't think. Talk! 正しい英語、正しくない英語よりも伝わるか伝わらないのかが重要です。

 

日本人が英語を話すのが苦手な理由は様々ですが、これは単なる言語の違いだけでなく、文化的・教育的な背景、そして心理的な側面も影響しています。この記事では、なぜ日本人が英語を話すのが難しいのか、その主な理由に焦点を当ててみましょう。

 

言語の違い

文法構造の異なり: 日本語と英語は文法構造が大きく異なります。英語は主語-動詞-目的語の順で文を組み立てる一方で、日本語は主語-目的語-動詞の順です。この違いが、日本人が英語で文を組み立てる際に混乱を引き起こすことがあります。

 

言語の違いを克服する方法

 

言語に浸ることの重要性

言語の構造の違いを乗り越えるためには、学生たちが対象言語に完全に浸ることが不可欠です。単なる文法の勉強や英文法の理解だけでは、学生がテキストを分析し、読解力や多肢選択テストに合格することしかできません。さらに、これは顔を合わせてコミュニケーションをとる際に文法的な考え方に陥りやすく、非常に自然でないコミュニケーションの形態を生み出すことがあります。

 

言語の本能化

学生たちは、対象言語でのコミュニケーションが当たり前になるまで、その言語に完全に浸る必要があります。このプロセスでは、言語を実際に使用し、リアルなコミュニケーションの中で語彙やフレーズを習得することが不可欠です。

 

文法以外の要素に焦点を当てる

素早く自然な英語のスピーキングスキルを身につけるためには、文法だけでなく、発音、リスニング、スピーキングにも重点を置くことが重要です。言語は生きたものであり、学習プロセスも同様に実践的であるべきです。

 

これによって、学生たちは単なる文法の理解を超えて、言語を実際のコミュニケーションに活かせるようになります。

 

発音の難しさ

英語の発音は日本語とは異なり、特に子音や発音の強弱が重要です。これに慣れていない日本人が、正確な発音を身につけるのは難しいと感じることがあります。

 

発音の難しさを克服する方法

 

英語の発音に慣れるためには、単調な学習だけでなく、反復と真剣な時間の投資が不可欠です。筋肉の記憶と呼ばれるものがあります。特に口の中の筋肉、特に舌は、英語の発音に必要な様々な音を生成するための必要な形状を作ることに慣れなければなりません。これにより、ネイティブスピーカーが理解できる形で英語を話すことが可能になります。

 

読書は効果的ではありません。特に頭の中の声が不自然なイントネーションや発音をしている場合は、これが悪影響を与え、下降のスパイラルを引き起こす可能性があります。聴くことも一定の程度まで効果がありますが、音を生成する筋肉を鍛えない限り、言語を流暢に話すことは難しいです。これは破れない普遍的な法則です。

 

練習と時間をかけて、正確で自然な発音を身につけることが、英語のスピーキングスキル向上の鍵です。

 

 

教育環境の影響


教育の焦点

日本の学校教育は、基本的には文法や読解力に焦点を当てています。その結果、英会話のスキルが不足してしまうことがあります。英語を使ってコミュニケーションをとる機会が少ないため、実践的なスキルが育まれにくいのです。

 

先生中心の教育

日本の英語教育は、先生中心の授業が主流です。生徒たちは積極的に発言する機会が少なく、英語を話す自信が不足しやすくなります。


文化的な要因

恥ずかしさとリスク回避: 日本文化では、失敗や恥ずかしい思いをすることを避けることが一般的です。そのため、新しい言語でのコミュニケーションにおいて、日本人はリスクを取りにくい傾向があります。これが、英語を話す際の抵抗感につながることがあります。

 

日本語環境の強固さ

日本では、日本語を主要なコミュニケーション手段として使用する機会が豊富です。外国語を使用する状況が少ないため、英語を実践的に使う機会が減少し、スキルが向上しにくくなります。

 

心理的な要因

自己効力感の低下: 英語が十分に話せないという経験が、日本人の自己効力感を低下させることがあります。自信がない状態で英語を話すことが難しくなり、悪循環に陥る可能性があります。

 

外国語への恐れ: 外国語を話すことに対する恐れや緊張感が、日本人が積極的に英語を使うことを妨げることがあります。


日本人の英語教員育成はモメンタキッズでも行っています。

 

 

心理的な要因の克服方法

 

心理的な要因は英語のスピーキングスキルの向上において重要な役割を果たします。以下に、これらの心理的な障壁を克服する方法をいくつか紹介します。

 

 自己効力感の向上: 英語スピーキングの自己効力感を向上させるためには、ポジティブなフィードバックや成功体験を積み重ねることが大切です。小さな目標を設定し、それを達成することで、自信がつき、次第に難易度を上げていくことが効果的です。

 

 外国語へのポジティブなアプローチ

外国語を学ぶことは新しい冒険であり、失敗や誤りは避けられないものです。これを前向きな学びの機会ととらえ、他者と比較するのではなく、自分の進歩を重視することで、恐れや緊張を減少させることができます。

 

コミュニケーションの楽しみを見つける

英語でコミュニケーションが楽しいと感じることが、学習の動機を高めます。興味を持ったトピックで会話を楽しむことで、学習が重荷ではなくなり、積極的に取り組むことができます。

 

自分のペースで学習する

 各人の学習ペースは異なります。焦らず、自分のペースで学習することで、ストレスを軽減し、英語学習が持続可能になります。比較せず、自分の進歩を大切にしましょう。

 

言語への愛着を育む

 英語を学ぶことを義務ではなく、愛着を持って取り組むことが大切です。英語を通じて新しい文化や視点に触れ、言語学習を楽しむことで、心理的な抵抗感を克服できます。

 

これらのアプローチを取り入れることで、心理的な要因による障壁を乗り越え、英語スピーキングスキルの向上に効果的にことができます。

 

要するに、日本人が英語を話すのが苦手な理由は、言語の違いだけでなく、教育環境、文化的な要因、そして心理的な側面が絡み合っています。これらの要素を理解し、個別のニーズに合わせたアプローチで英語教育を行うことが、スキル向上につながるでしょう。少し型にはまっている状態の日本人学生・子どもにはきっかけが大切になります。海外研修・宿泊研修英語キャンプなどを通じて異文化交流を体験することで視野が広がり日本の良さを理解しながら英語の重要性を実感することができます。

閲覧数:27回0件のコメント

Comments


bottom of page